FC2ブログ

ゴマダラチョウ

2014.5.21
昨日は、憩いの森鉢形の整備のお手伝いに行きました。
以前、ゴマダラチョウの幼虫を鳥などから守るために、エノキの木ごとネットでかこっていましたが、羽化したとのことで、見てみると2頭(昆虫博士によるとチョウは頭と数えるとのこと)がチョウになっていました。そのうち1頭は、外に放すと元気よく青空に飛び立っていきました。もう1頭は調子が悪く、亡くなってしまいました。
あと2頭は蛹でしたが、そのうち1頭はもうすぐ羽化しそうな状態でした。作業をした後食事に行った2時間程度の間に、チョウになっていて、羽化の決定的瞬間を見逃しました。残念!
もう1頭はまだ蛹ですが、近いうちに羽化すると思います。

2014.5.20、憩いの森鉢形にて
ゴマダラチョウ

ゴマダラチョウ1
羽化したゴマダラチョウ、このあと元気に自由の地へ飛び立っていきました。

ゴマダラチョウ3

ゴマダラチョウの蛹。ほとんど黄緑色で、羽化はまだ少しあとのようです。

ゴマダラチョウ2

もう1頭のゴマダラチョウの蛹。白っぽくなってチョウの模様が透けて見える、羽化は近い。

ゴマダラチョウ4

1〜2時間後、上の写真の蛹が変身していました。まだ抜け殻の上にいて動かないので、羽化したばかりなのでしょう。

2014.6.5追記
後日、これらはアカボシゴマダラだということが、昆虫博士の調べによって判明しました。この日以前に羽化したチョウはゴマダラチョウでした。
アカボシゴマダラは、奄美大島以南に分布していたのですが、近年関東でもかなり見られるようになっているチョウです。
赤い点々がないので、ゴマダラチョウだとばかり思っていましたが、関東地方のアカボシゴマダラは、春は白化型のチョウ(赤い紋もない)が多いとのことでした。

スポンサーサイト



ゴマダラチョウの幼虫

2014.4.7
昨日は、憩いの森鉢形に、ゴマダラチョウの幼虫が里帰りしました。
憩いの森鉢形のエノキの木にゴマダラチョウの卵が産みつけられていたのを、会員のYさんが自宅で育てていたのです。憩いの森鉢形で育っていたものとあわせて6匹くらいですが、数本のエノキでこれから育っていきます。
これからさなぎになって、チョウにふ化するのが楽しみです。

2014.4.6、ゴマダラチョウの幼虫
ゴマダラチョウ1
このゴマダラチョウの幼虫は最も育っていた芋虫さんで、体も緑になっています。

ゴマダラチョウ2
上のと同じ幼虫です。なかなか可愛いお顔をしています。

ゴマダラチョウ3
これは、まだ茶色ですが、緑になりつつあります。

ゴマダラチョウ4
こちらは、まだまだ茶色で、エノキの枝の一部のようです。背中に突起が見えますが、ゴマダラチョウには3対の突起があるとのことです。
プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
花が大好きなHIROKOの野山で撮った花の写真を中心にした日記です。花が咲いていないときには、こものづくり、染織布、お茶など、他の好きなものも登場します。

一眼レフデジカメ:ニコンD7000、レンズ:AF-S NIKKOR18-105mm、AF-S Micro NIKKOR60mm
コンパクトデジカメ:リコーCX4

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR