FC2ブログ

武甲山 花と紅葉と風景 18

2018.11.8
昨日、秩父の武甲山(1295m)から、子持山(1269m)、大持山(1294m)と縦走しました。一の鳥居から登山口、大杉の広場を経て、頂上直下の武甲山御嶽神社までは、丁目石が一丁目から五十二丁目まであり、増えていくのを楽しみに登りました。道も歩きやすく、あまり苦労をしないで登りましたが、武甲山から、子持山、大持山の縦走路は、道が少し荒れていて、岩場の険しい下りや急登もかなりあり、縦走の方が大変でした。
花はほとんど終わっていましたが、まだなんとか咲いていたノコンギク、ゴマナ、リンドウ、ヤマクワガタの写真を撮りました。

2018.11.7、武甲山、子持山、大持山にて
ノコンギク、キク科。
ノコンギク
露に濡れて、最後の頑張りでしょうか。

ゴマナ、キク科。
ゴマナ
これらキク科の花も、もう終わりのようです。

ヤマクワガタ、オオバコ科。
ヤマクワガタ
ヤマクワガタがきれいに咲いていたのにはびっくりしました。

リンドウ、リンドウ科。
リンドウ1

リンドウ2

オヤマリンドウかとも思いましたが、おそらくリンドウでしょう。

登山道からの風景
武甲山1
不動滝。

武甲山2
武甲山御嶽神社。

武甲山5
武甲山頂上。

武甲山頂上からの展望。
武甲山3

武甲山4


武甲山から、子持山をめざしました。紅葉もきれいでした。
武甲山6

武甲山7

武甲山8

武甲山9

鹿に出会いました。
武甲山で出会った鹿生きている鹿と出会う前に、骨になった鹿も見かけました。初めての経験でした。

子持山に登りながら振り返ったら、武甲山が見えました。武甲山北面は、石灰岩の採掘で特徴的な形をしていますが、南側から見ると、美しい形です。
武甲山10
武甲山から子持山の縦走路は、東側はスギやヒノキなどでうっそうと暗く、西側は紅葉した木々で明るい雰囲気でしたが、振り返って見ると、歩いてきた尾根を境に、西斜面は木々の紅葉、東斜面は常緑樹の緑に分かれているのがわかります。

子持山付近からの展望。
子持山

大持山手前の展望岩からの眺め。
大持山1
ガスが上がってきています。

目指す大持山。
大持山2
スポンサーサイト

日光霧降高原 秋 18

2018.10.30
10月は、忙しくて3日に安達太良山に登ったきりどこにも出かけられませんでした。
10月28日にようやく奥日光に行こうとしましたが、紅葉の季節のため車が全然進まず、清滝のかなり手前で断念、Uターンして、霧降高原に行きました。神橋から霧降高原方面に抜けるのもかなり詰まっていて、大変でした。赤薙山へ登りたかったですが、遅くなったので、1445段の階段を小丸山展望台まで登り、その後小丸山から少し歩いて戻りました。
紅葉は終わりかけていましたが、まだまだ楽しめました。

2018.10.28、霧降高原
天空回廊と名付けられた1445段の階段を登ります。
霧降高原1
前方は丸山。

霧降高原2
カラマツも黄色に紅葉していました。

霧降高原3

霧降高原4
かなり登ってきました。駐車場がはるか下に見えます。

霧降高原5

霧降高原6

霧降高原7
まだ、ちらほら紅葉しています。

霧降高原8

霧降高原9
さらに登ってきました。

階段登りを終え、赤薙山方面へ歩きました。
霧降高原10
右は、丸山、左は、赤薙山、女峰山方面の分岐です。

霧降高原11
ガスってきて、目指す山が見えなくなりました。

霧降高原12
引き返してきました。紅葉が綺麗なところもありました。

霧降高原13
階段が続きますが、もうすぐ到着です。

安達太良山 秋の花と紅葉 18 続き

2018.10.5
一昨日登った安達太良山の続きです。
登山道に咲いていた花と下りの景色です。

2018.10.3、安達太良山にて
まずは、花です。
オヤマリンドウ、リンドウ科。
オヤマリンドウ
山道に終わりかけた花がたくさんありました。この花はまだまだきれいです。

アキノキリンソウ、キク科。

アキノキリンソウ1


アキノキリンソウ2
アキノキリンソウもたくさんありましたが、ほとんど終わりかけていました。

ヤマハハコ、キク科。
ヤマハハコ
ヤマハハコも終わりかけていました。

ナンブアザミ、キク科。
ナンブアザミ
唯一、まだきれいに咲いていたアザミです。

ゴマナ、キク科。
ゴマナ
ゴマナも終わりですね。

ハナニガナ、キク科。
ハナニガナ
なんとか咲き残っていた一輪です。

イワカガミ、イワウメ科。
イワカガミ
イワカガミが岩の陰で咲いていたのには、本当にびっくりでした。

アカモノ、ツツジ科、実。
アカモノ
アカモノも、蕾らしきものがあり、びっくりです。

シラタマノキ、ツツジ科、実。
シラタマノキ

コメバツガザクラ、ツツジ科、実。
コメバツガザクラ1

コメバツガザクラ2
黄色の実も、赤くなります。

ツルリンドウ、リンドウ科、実。
ツルリンドウ
ツルリンドウの班も終わり実がきれいです。

アカミノイヌツゲ、モチノキ科、実。
アカミノイヌツゲ

安達太良山の下り道からの風景
安達太良山下り1
頂上から北に、牛の背を行きます。

安達太良山下り2
ハイマツは緑です。

安達太良山下り3
頂上を振り返ります。頂上ともお別れです。途中でレンズに汚れがついていてせっかくの頂上が台無しです。

安達太良山下り4
それまでと風景が一変し、沼ノ平の荒涼たる火口原が広がっていました。

安達太良山下り5

安達太良山下り6
鉄山。

安達太良山下り7

安達太良山下り9
篭山と紅葉した木々。

安達太良山下り8
頂上がはるかかなたに見えます。左の三角形のピークが頂上。

安達太良山下り9
パノラマ写真です。

この後、勢至平コースを下りましたが、道が荒れていて大変でした。

安達太良山 秋の花と紅葉 18

2018.10.4
昨日、安達太良山(1700m)に、友だちと総勢5人で登りました。登りは、奥岳登山口のゴンドラで、ゴンドラ山頂駅まで登り、そこから、山頂まで、コースタイム1時間半程です。下りは、峰の辻から勢至平コースを下り、林道に出て、奥岳登山口に戻りました。下りの方が長い道のりでした。
ちょうど紅葉まっさかりで、山肌を染める赤、黄、緑・・・、満喫しました。
花はほとんど終わっていましたが、咲き残りの花も少しありました。
今日は、登りの景色です。明日は、下りの景色と花々を載せます。

2018.10.3、安達太良山にて
安達太良山1
登山道も色とりどりです。

安達太良山2

安達太良山3

安達太良山4
展望が開けて、まわりの山の紅葉に思わず声をあげました。

安達太良山5
このピークの向こうが山頂です。まずこの美しく彩られたピークを目指します。

安達太良山6

安達太良山7
真っ赤に紅葉したモミジと山は篭山か。

安達太良山8
頂上は近い。

安達太良山9
ススキも風になびいていました。

安達太良山11

安達太良山12

安達太良山13

安達太良山14

安達太良山15
乳首山ともいわれる頂上です。あと一登りです。頂上直下は広々しています。ここで昼食、ゆっくり休みました。

安達太良山16
頂上からの風景。

平ヶ岳 初秋 18

2018.9.28
9月24日、日本百名山の一つ、平ヶ岳(2141m)に登りました。
平ヶ岳は、往復11時間以上かかるロングルートで有名ですが、流石に体力が持ちません。
いわゆるプリンスルートと呼ばれる中ノ岐登山口から登りました。この登山口には、銀山平に宿泊し、宿の車で登山口まで送ってもらいます(普通の車は入れません)。
中ノ岐登山口からでも、往復6、7時間はかかります。私たちは、早朝5時20分から歩き始め、途中たまご石、頂上、姫ノ池を経て12時ちょうどに登山口に戻りました。朝ごはん、休憩を入れて、6時間40分でした。
たまご石分岐までは急登が続きました。それからは、広大な湿原が広がり、平らな山だということがわかります。さらに、その頂上直下の湿原から頂上に登りますが、頂上もまた広い湿原となっています。
このところ天気が悪い毎日が続きましたが、前日も含めこの二日間は奇跡的にいい天気でした。天気に恵まれた山歩きでした。
花は、ほとんど終わっていましたが、オヤマリンドウ等、いくつ化の花が見られました。
そのかわり、紅葉が始まり、草紅葉が綺麗でした。

2018.9.24、平ヶ岳にて
たまご石
たまご石

たまご石からの風景
本当に丸い石です。どうやってできたのか?不思議です。

たまご石からの風景
たまご石からの風景
パノラマ写真です。クリックして拡大して見てください。

たまご石からの風景
たまご石からの風景
たまご石の向こうには池塘が広がっています。

頂上の湿原

頂上の湿原1

草紅葉の湿原に木道が続いています。

頂上の湿原2

頂上の湿原3

姫ノ池

姫ノ池2


姫ノ池3

姫ノ池1
その向こうは頂上。

姫ノ池から頂上を望む
姫ノ池から頂上

頂上直下の湿原から頂上

頂上直下の湿原から頂上を望む
頂上直下の湿原から頂上2

頂上直下の湿原から頂上3

本当に平らな山です。

オヤマリンドウ、リンドウ科
オヤマリンドウ

アキノキリンソウ、キク科
アキノキリンソウ

ダイモンジソウ、ユキノシタ科
ダイモンジソウ
プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
花が大好きなHIROKOの野山で撮った花の写真を中心にした日記です。花が咲いていないときには、こものづくり、染織布、お茶など、他の好きなものも登場します。

一眼レフデジカメ:ニコンD7000、レンズ:AF-S NIKKOR18-105mm、AF-S Micro NIKKOR60mm
コンパクトデジカメ:リコーCX4

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR