四国の山の春の花 17

2017.4.29
4月27日に、故郷の四国の山に花を見に行きました。たくさん咲いていたので、何回かに分けて載せます。
関東と花が違っていて、とっても楽しめました。
今日は、スミレ科の花です。10種類のスミレ類の花に出会いました。

2017.4.27、故郷四国の山にて
ヒナスミレ、スミレ科。
ヒナスミレ1
昨日の雨で花びらが濡れています。

ヒナスミレ2

ヒナスミレ3
群生していました。

フイリナガバノスミレサイシン、スミレ科。
フイリナガバノスミレサイシン1

フイリナガバノスミレサイシン2
ナガバノスミレサイシンの花には、側弁に毛がないので、ヒナスミレとは異なっています。四国や九州では、葉に斑が入っているものが多いそうです。さすがにここは四国でした。

エイザンスミレ、スミレ科。
エイザンスミレ1
雨で、花びらが透き通っています。

エイザンスミレ2

シコクスミレ、スミレ科。
シコクスミレ1

シコクスミレ2
はじめて出会いました。可憐な花です。嬉しかった・・・。

アカネスミレ、スミレ科。
アカネスミレ

アリアケスミレ、スミレ科。
アリアケスミレ
一面に群生していました。全部白い花でした。

タチツボスミレ、スミレ科。
タチツボスミレ
もちろんタチツボスミレも咲いていました。

オオタチツボスミレ、スミレ科。
オオタチツボスミレ

ナガバノタチツボスミレ、スミレ科。
ナガバノタチツボスミレ1

ナガバノタチツボスミレ2
葉脈や裏面が紫色を帯びるものも多いそうです。関東では見かけませんが、こちらではたくさん咲いていました。

ツボスミレ、スミレ科。
ツボスミレ
スポンサーサイト

松山城 17

2017.4.28
四国の実家に法事で帰りました。
松山城に行きました。
松山城は、平山城(勝山132m)で、道後温泉と並んで、松山市のシンボル的存在です。

2017.4.25、松山城にて
天守閣
松山城1

松山城2
桜が満開の時は、天守閣も桜で飾られます。桜の花の名残はありますが、ほとんど終わって、葉桜の緑です。

松山城3

少し八重桜が咲き残っていました。

松山城5


松山城4

松山城から
壁の窓からの市内の眺め、額に入れた絵のようです。

花も咲いていました。
アリアケスミレ、スミレ科。
アリアケスミレ

ヒメスミレ、スミレ科。
ヒメスミレ

アリアケスミレとヒメスミレ。

アリアケスミレとヒメスミレ


シロバナタンポポ、キク科。

シロバナタンポポ


ヒメウズ、キンポウゲ科。
ヒメウズ

キランソウ、シソ科。
キランソウ

みかも山の春の花 17

2017.4.24
4月21日に、花の様子を見に、みかも山に登りました。
カタクリは終わって実になっていましたが、ニリンソウは、斜面一面をおおい、大群落になっていました。でも、そろそろ盛りを過ぎかけています。その中にイチリンソウが混じっていたり、かたまって咲いていたりしていました。
まだまだ咲いているので、嬉しくなりました。

2017.4.21、みかも山にて
イチリンソウ、キンポウゲ科。
170421ic1.jpg

イチリンソウ3



170421ic3.jpg
イチリンソウは今が盛りのようです。

ニリンソウ、キンポウゲ科。
ニリンソウ

スミレ、スミレ科。

スミレ


アリアケスミレ、スミレ科。
アリアケスミレ

フモトスミレ、スミレ科。
フモトスミレ

ヒトリシズカ、センリョウ科。
ヒトリシズカ

チゴユリ、イヌサフラン科。
チゴユリ1

チゴユリ2
双子のように、一つの茎の同じところから二つの花が咲いているのがあることに、今日はじめて気づきました。

ウラシマソウ、サトイモ科。

ウラシマソウ


クサイチゴ、バラ科。
クサイチゴ

新緑。
新緑
新緑が美しい季節です。歩いていて気持ちがいいです。

高尾山 17

2017.4.23
4月19日に高尾山に登ったとき、富士山がきれいでした。
桜は終わりかけのものが多かったですが、でもまだまだきれいでした。

2017.4.4.19、高尾山にて
高尾山頂上から富士山
富士山1

富士山2

高尾山頂上から小仏城山に至る道からの富士山
富士山3
新緑と桜と富士山。

富士山4
桜が終わりかけていましたが、盛りのときだと、絵になったことでしょう。

小仏城山に至る道の桜並木
桜並木

桜並木2
まだまだ素敵な桜並木を歩きます。

小仏城山頂上の木彫像

小仏城山頂上の木彫像


小仏城山頂上から見えた桜
小仏城山頂上から桜

小仏城山頂上からの眺め
小仏城山頂上から桜

高尾山の春の花 17 続きの2

2017.4.22
4月19日に登った高尾山の花の続きです。

2017.4.19、高尾山にて
ヒトリシズカ、センリョウ科。
ヒトリシズカ2

チゴユリ、イヌサフラン科。
チゴユリ

ツルカノコソウ、オミナエシ科。
ツルカノコソウ

ツルカノコソウ1

セントウソウ、セリ科。
セントウソウ

ミミガタテンナンショウ、サトイモ科。

ミミガタテンナンショウ1


ミミガタテンナンショウ2

ジュウニヒトエ、シソ科。
ジュウニヒトエ

ツクバキンモンソウ、シソ科。
ツクバキンモンソウ
ジュウニヒトエと似ていますが、葉っぱが違うし、花の数も少ないです。

マルバコンロンソウ、アブラナ科。

マルバコンロンソウ2


マルバコンロンソウ1

ユリワサビ、アブラナ科。
ユリワサビ
アブラナ科だけに、マルバコンロンソウと花が似ていますが、葉っぱが全然違います。
プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
花が大好きなHIROKOの野山で撮った花の写真を中心にした日記です。花が咲いていないときには、こものづくり、染織布、お茶など、他の好きなものも登場します。

一眼レフデジカメ:ニコンD7000、レンズ:AF-S NIKKOR18-105mm、AF-S Micro NIKKOR60mm
コンパクトデジカメ:リコーCX4

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR